映画「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」公式サイト » コメント

コメント

ターシャの日常に触れて、誰でも自分の生き方を考えてしまう。
とても無理!そうだろうか……
ターシャの、春、夏、秋、冬、をいっしょに過ごしてみよう。
自分らしく生きていけば、愛はあつまる。そう思える。そして、まえを向ける。
角野栄子さん(児童文学作家/「魔女の宅急便」著者)

私の大好きなターシャ・テューダー、絵と花と動物を愛し、夢をみながら歳を重ねてもこんなに新しい道を切り開き、充実した時間を過ごし、幸せを満喫するなんて!希望がいっぱい詰まったみんなへの贈りものですね!
假屋崎省吾さん(華道家)

92歳になっても明晰に語り、裸足で庭を歩き花の手入れをする素敵なターシャ。いくつになっても人生を楽しむことができる、というメッセージが伝わってきて、元気が出る映画。
熊井明子さん(作家)

自分は自分のものだと知ること。自分らしく生きていくこと。それだけで人はじゅうぶん満ち足りているのだと、ターシャは教えてくれる。
小林聡美さん(俳優)

緑を紡ぎ、花を紡ぎ、実をならせ、枯れてゆく姿すら見守り。
風のざわめきと、木々のどよめきの礎となる大地を、小さな裸足で踏みしめ、確かめ。
ターシャが教えてくれた、美しい命の在り方。
斉藤由貴さん(女優)

幸せになる単純明快なコツ。それは、幸せな人のそばにいることです。
例えばターシャのところに。どうかできるだけ大きな画面で“幸福”をたっぷり触感してください。
澤田康彦さん(『暮しの手帖』編集長)

優しい魔法使いのお婆さんのようなターシャが語りかけてくると何故だか心は癒され人生の喜びに満ち溢れる。こんな人になりたくても成れないけど人の尊さの本質であるその精神の欠片だけでも受け止めたい気持ちでいっぱいになる。
ダイアモンド✡ユカイさん(歌手・俳優)

天国とは、こういうところかと思いました。ひとりの女性と自然の豊かな合作の記録。
谷川俊太郎さん(詩人)

なぜ、世代を超えてターシャの言葉は私たちの心に響くのか。それは、自然と対峙して暮らしてきた彼女だからこそ、時には抗えないものにも柔軟に受け入れることのできる深い愛情にあるのだと思いました。
平井かずみさん(フラワースタイリスト)

「夢に向かって歩んで」「年を取ってもいいの。今がいちばんいい時よ」
「庭づくりは何年もかかるもの」そして、いずれ土に還る自然の物だけを使って、日々自然と調和して生きる。ターシャがこの映画で教えてくれたことです。
ベニシア・スタンリー・スミスさん(ハーブ研究家・エッセイスト)

ターシャの手はすべての世界と繋がっている。その手が動くとイマジネーションはカタチになる。映像の中に、厳しく逞しいからこそ優雅だ。という暮らしの秘密を見つけた。
山本容子さん(銅版画家)

もうすぐ百歳になる私の、一番あこがれてきた女性。
映画を見て、今まで以上にターシャの生き方から、はげましをもらいました。
吉沢久子(家事評論家・エッセイスト)

庭以上に、ターシャが話す上品で芯の強いニューイングランド英語にうっとりした。
喜びの泉は半分忍耐、半分愛情でできたのを知って、静かな感動に浸った。
ロバート キャンベルさん(日本文学研究者)

※アイウエオ順